Brass Extreme Tokyo
plays
contemporary brass music


トップ

紹 介

過去の演奏メンバー

レコーディング&iTunes

演奏履歴
  Senzoku 8.12.2013
  Tokyo 25.5.2012
  Seoul 1.11.2011
  Tokyo 24.10..2011
  Tokyo 25.11.2008
  Seoul 26.10.2006
  Kanagawa 23.10.2006
  Hong Kong 09.10.2005
  Tokyo 03.10.2005
  Tokyo 09.07.2004
  Seoul 31.10.2003

コンタクト
PAN music festival 2011 in Seoul KOREA
Brass Extreme Tokyo Concert
2011年11月1日 ヨンサン・アート・ホール 19:30
contemporary brass musics composed by korean and japanese composers

主催 : ISCM 韓国支部

プログラム
    新実 徳英 / 神はどこに? 〜金管五重奏のための〜
    細木原 豪紀 / I want to be for solo + Crossing for Brass Quartet(for Brass Quintet)
    伊藤 高明 / 光のどけき 〜金管五重奏のための〜
    山本 裕之 / BET 〜金管五重奏のための〜 (委嘱作品)

    Won Suk Choi / with wearing a fedora hat
    Soonmee Kahng / Music for Brass Quintet
    Mina Kim / Sori, Gyul / die Welle for Extream Brass Quintet
    Jae Seung / Winter, At Silent Night
出 演

    ブラス エクストリーム トウキョウ
    曽我部 清典(トランペット)、 佐藤友紀(トランペット)、 堂山 敦史(ホルン)
    村田 厚生(トロンボーン)、渡辺 功(テューバ)

プロモーションムービー

Won Suk Choi (composer)
He received D.M.A and M.M in music composition from Michigan State University (united States), and a B.M in composition from Kook Min University (Seoul, Korea). His music has been mainly performed in United States and Korea. He has received the award from Contemporary Music Society’s Music Composition Competition (Seoul, Korea), and Selected as a composer for the New Composers from the collaboration of Michigan State University and Detroit Symphony Orchestra. His recent works have been focused on the linear movements of sound, and the timbral diversity of the flowing sound.
Soonmee Kahng (composer)
Professor, College of Music,the Sungshin Women's University at Seoul, Korea. Soonmee Kahng received her BM at the Ewha Women's University, MM at the Manhatta n School of Music, and PhD at the Michigan State University in the U.S.A. She composed Arirang Fantasy for Violin solo, Petite Suite for Cello Solo,one ofthe required pieces for the 2004-2006 Sejong International Music Competition. She also composed Music for Brass Quintet for the New York Brass Quintet. Her solo instrumentalmusic along with lots of chamber and orchestral works have been performed successively in numerous country.
Kim Mina(composer)
The composer Kim, Mina is born in Seoul in the Republic of Korea(1971), studied composition at Kyung-Won University (Bachelor of music) in south Korea, at University of music and theatre "Felix Mendelssohn Bartholdy" in Leipzig in Germany by Prof. Dimitri Terzakis(Diplom/KE;Konzertexamen) and studied electro acoustic music at by Prof. Eckard Roedger Since 2004 lives in Korea and works as a part-time lecturer for composition and music theory at Universities and have many activities as composer.
Jae Seung (composer)
Composer Jae Seung was Born in Anyang-city, Republic of Korea.
Jae Seung have majoring in composition at Kyungwon University.


新実徳英(にいみ・とくひで/作曲) 撮影者:近藤篤
1947年名古屋生まれ。東京大学工学部卒業、東京芸術大学作曲科卒業、同大学院修了。
77年ジュネーヴ国際バレエ音楽作曲コンクールにて史上二人目のグランプリ並びにジュネーヴ市賞受賞。82 年文化庁舞台芸術創作奨励賞並びに特別賞受賞。
83年ジュネーヴ国際バレエ音楽作曲コンクール審査員を務める。84年文化庁芸術祭優秀賞。IMC入選。94年レコードアカデミー賞。2000年第18回中島健蔵音楽賞受賞。03年別宮賞受賞。04年CD「風神・雷神」が文化庁芸術祭大賞を受賞。05年万博記念オペラ「白鳥(しろとり)」が名古屋において世界初演され、この公演に佐川吉男音楽賞が授与。06年オーケストラ・アンサンブル金沢のコンポーザー・イン・レジデンスに就任し、「協奏的交響曲〜エランヴィタール〜」を世界初演され第55回尾高賞を受賞。管弦楽作品の多くは、国内ではNHK交響楽団を初め主要なオーケストラで、海外でもスイス・ロマンド、オランダ放送、BBCスコティッシュ、フランス国立放送、ベルリン、ニュルンベルグ等のオーケストラにより演奏され、それぞれ高い評価を得ている。現在、桐朋学園大学院大学教授。東京音楽大学客員教授。

細木原 豪紀(ほそきばら・ごうき)
1990年東京都生まれ。第5回弘前桜の園作曲コンクール(審査委員長:下山一二三)にて第1位および弘前市教育長賞を受賞。作曲を伊左治直、トロンボーンを村田厚生、石川浩の各氏に師事。現在、早稲田大学教育学部4年在学。作曲の会「Shining」会員およびSquar Notesメンバー。

伊藤 高明(いとう・こうめい)
1961年、東京生まれ。玉川大学芸術学科卒業、作曲を土居克行氏に師事。第5回国立劇場作曲コンク−ル優秀作品賞(1位)ならびに文化庁舞台芸術創作奨励特別賞受賞。第8回現音作曲新人賞入選。第回4及び第6回名古屋文化振興賞作曲部門佳作等々の受賞。WMD 2001(横浜)、東アジアの現代音楽祭(CMFEA)2010、サクソフォーンフェスティバル2009等数々の音楽祭においても作品が演奏されている。現音の音楽展を中心に現代音楽のフィールドでおもに活動しているが、近年は地域のアマチュアバンドのための吹奏楽作品やヒーリング音 楽も手がけるなど幅広い領域で作品を発表している。日本現代音楽協会会員。
山本裕之(やまもと・ひろゆき/作曲)
1967年山形市生まれ、主に神奈川県で育つ。1992年東京芸術大学大学院作曲専攻修了。在学中、作曲を近藤讓、松下功の両氏に師事。これまでに第58回日本音楽コンクール第3位(1989)、現音作曲新人賞(1996)、BMW musica viva作曲賞第3位(ドイツ/1998)、武満徹作曲賞第1位(2002)、第13回芥川作曲賞(2003)を受賞。またフォーラム91(カナダ/1991)、ガウデアムス国際音楽週間'94(オランダ/1994)、ISCM世界音楽の日々(ルクセンブルク/2000、横浜/2001)など、様々な音楽祭に入選している。作品はLe Nouvel Ensemble Moderne、Ensemble Contemporain de Montre´al、Trio Fibonacci(以上モントリオール)、Nieuw Ensemble、Calefax Reed Quintet(以上アムステルダム)、バイエルン放送交響楽団(ミュンヘン)、ルクセンブルク管弦楽団、東京フィルハーモニー交響楽団など、各地の演奏団体等により演奏され、またラジオで放送されている。演奏家や演奏団体、放送局等からの委嘱を受けて作曲を行っている傍ら、1990年より作曲家集団《TEMPUS NOVUM》に参加、2002年よりピアニスト中村和枝氏とのコラボレーション《claviarea》を行うなど、様々な活動を展開している。2002年第51回神奈川文化賞未来賞受賞。現在、愛知県立芸術大学准教授、NPO Glovill、Ensemble Contemporary αメンバー。http://japanesecomposers.info

【ディスコグラフィー】 ・to you from ... (p)中村和枝 (ALM Records/ALCD-59) 《フォールマ》pno solo ・トキノコダマ(世紀の谺) (tp)曽我部清典、(p)中川俊郎 (ALM Records/ALCD-3057) 《スカボローフェア》tp solo ・TEMPUS NOVUM XIII on the Disc (TEMPUS-001) 《遠近法》musique concrete、《マタイ受難曲受難》musique concrete ・山本裕之|カンティクム・トレムルム モントリオール現代アンサンブル、ルクセンブルク・フィル、クァルテット・エクセルシオ、アンサンブル・コンテンポラリー・α、東京フィルハーモニー交響楽団 (fontec/FOCD2555) 《私に触れてはいけません》sax&9inst.、《カンティクム・トレムルムI》orch、《Eve I》String-quart、《北回帰線》7inst.、《カンティクム・トレムルムII》orch. ・Aurora Australis ニュージーランド・トリオ (atoll/acd113) 《彼方と此方》pno-trio




© Copyright 2003-2014 Brass Extreme Tokyo Last update 5.31.2012