Brass Extreme Tokyo
plays
contemporary brass music


トップ

紹 介

過去の演奏メンバー

レコーディング&iTunes

演奏履歴
  Senzoku 8.12.2013
  Tokyo 25.5.2012
  Seoul 1.11.2011
  Tokyo 24.10..2011
  Tokyo 25.11.2008
  Seoul 26.10.2006
  Kanagawa 23.10.2006
  Hong Kong 09.10.2005
  Tokyo 03.10.2005
  Tokyo 09.07.2004
  Seoul 31.10.2003

コンタクト
PAN music festival 2006 in Seoul (KOREA)
Brass Extreme Tokyo Concert

2006年10月26日 20:00 ソウルアートセンター リサイタルホール
contemporary brass musics composed by korean and japanese composers

[チラシ] Organizer
: ISCM Korea Section

出 演
    ブラス エクストリーム トウキョウ
    曽我部 清典(トランペット)、 上田 仁(トランペット)、 小鮒 信次(ホルン)
    村田 厚生(トロンボーン)、 尾崎 光弘(テューバ)
プログラム
    Christopher Coleman (Hong-Kong) / "Politics, Money, Music" for Brass Quintet (2005)
    大場 陽子 / 蜘蛛の網 IV for Trumpet & Tuba (2006)
    福井 とも子 / "Ansatz" crescendi al niente for Brass Quintet (委嘱作品 2006)
    In-Sun Cho(Korea) / "White Shadow III" for Horn, Trumpet, Trombone and Tuba (2006)
    森田 泰之進 / "mutes meet beats" for Two Trumpets (2005 revised in 2006)
    Iannis Xenakis / "linaia-agon" for Horn, Trombone and Tuba (1972)
    Yong-Won Sung(Korea) / Brass Quintet no.II (2006)





プログラムノート、作曲者プロフィル
    In-Sun Cho / "White Shadow III" for Horn, Trumpet, Trombone and Tuba (2006)
    Not only in the clear and transparent light, an object casts a reflection.
    As there is limpid air in the darkness, there are projected sounds and paintings from the shadow.

    The river putting the sky in it, the clouds above it,, and the waves,
    The prayer song from a monastery, bell sounds...

    The wind talks on the lake reflecting the sky and the clouds, and on the waves sparkling on the river.
    On the endless Silk Road, on the river having the sky.
    On the tree where the light draws...
    The wind fades away as hanging down the white shadow.

    Looking at the shining light in our inner side and the white shadow of our lives, I depict the sparkling sound with the brass instruments
    ****
    In-Sun Cho
    graduated from Seoul National University and the Graduate School of Seoul National University. She received a diploma in composition from Staatliche Hochschule fuer Musik in Koeln and also studied musicology and philosophy at Koeln University in Germany. She has been invited to the first International Woman Composer's Conference in Berlin and Die Hoege in Germany as artist-in-residence. She was awarded for her composition from Dong-A Music Competition and Mannheim International Competition in Germany. Her works have been presented at various international music festivals, such as Festival e Symposium Internazionale Fiuggi Citta in Italy. Composition's Festival of Asian composer's League in Mannila and Wellington and Musik aus Ost in Muenster. Her works have been performed in Seoul, Berlin, Freiburg, Hamburg, Bonn, Moscow, Budapest, Hoege, and Fiuggi. Currently, she is professor of composition at Chung-Ang University and a member of Contemporary Music Society in Seoul, Asian Composer's league, Korean Society of Woman Composers and ISCM.

    Yong-Won Sung / Brass Quintet no.II (2006)
    I wrote this piece for the same instrumentation as I did it six years ago, which is a brass quintet called "Pandragon."
    ****
    Yong-Won Sung
    Diplom in Music Theory and Composition at Karlsruhe Music University, Germany
    Diplom in Composition at Duesseldorf Robert Schumann University, Germany
    The Member of ISCM, The Korean society of the 21st Century Music
    Lecturer at Mokwon University and Dongduk Women University
    Editorial Committee Member of the Journal of Music magazine.

    福井 とも子 / "Ansatz" crescendi al niente for Brass Quintet (委嘱作品 2006)
    この曲は2年前に買いた<crescendi al niente〜for cl, vn, vc>というシリーズの第2弾にあたる。このシリーズでは、出てくる音が必ずクレッシェンドするという限定性の中で、如何に毎回新鮮にそれぞれの持続を表現するかということを扱ったものである。それは音が鳴っている間のことだけにとどまらず、それが断ち切られる瞬間にも意識を向け、音が如何に存在していたか、あるいは如何に完了したか、を積極的に体験しようという意図であった。
    そしてさらにこの曲では、タイトルの意味にあるように、「音を出し始めるときの状態」ということにも意識を向けることを試みた。一つ一つの音についてそれが立ち現れる前の「状態」から、消えた後の「状態」までを聴きとってみたいと思う。
    ****
    福井 とも子
     日本現代音楽協会作曲新人賞入選(1991)、吹田音楽コンクール作曲部門最優秀賞(1992)、日本音楽コンクール作曲(管弦楽)部門入選(1992)、ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習会奨学生賞受賞(1992)、秋吉台国際作曲賞受賞(1994)、アルディッティ弦楽四重奏団の為の新作がダルムシュタットにて初演(1996)され、同作品は入野国際作曲賞にて審査員特別推薦曲となる(1997)。日本音楽コンクール作曲(室内楽部門)第3位入賞(1999)等。またISCM香港(2002)、ISCMザグレブ(2005)に入選している。これまでダルムシュタット国際夏期現代音楽講習会(1994,96)、メルボルン国際音楽フェスティバル(2000)、ヴェネツィアビエンナーレ(2002)、韓国テグ国際現代音楽祭(2004)、武生国際音楽祭(2005)、ダルムシュタット国際夏季現代音楽講習会(2006)等から招待、委嘱を受ける。
    作曲活動に加え、国内外の大学等でのレクチャーや、演奏会の企画・制作等を行う。2001年より現代音楽演奏団体、next mushroom promotionのプロデュースを手掛け、2005年度サントリー音楽財団佐治敬三賞を受賞した。東京在住。大阪音楽大学、関西学院
    大学講師。

    森田 泰之進 / "mutes meet beats" for Two Trumpets (2005 revised in 2006)

    トランペットの弱音器を着脱する、という行為は、本来、楽器の音色を変えるための準備行為で、行為そのものは音楽の構成要素ではない。それを、あえて音楽の一部として組み込んだらどうなるか。この作品は、こうした興味から生まれた一つの試みだ。
    作品では、通常の弱音器の着脱が、やがて曲のリズム(beats)と徐々に同期し、全体としてパフォーマティヴな作品に変化していく過程が描かれる。
    ****
    森田 泰之進
    作曲を松平頼曉、安藤久義の各氏に師事。これまでに、ヴァレンティノ・ブッキ賞、日本交響楽振興財団作曲賞、日本現代音楽協会新人賞などを受賞。

    Yoko Oba / 「蜘蛛の網 IV」 for Trumpet & Tuba (2006)
    この曲を作曲している間、私は、山々に囲まれた土地につくられた巨大な蜘蛛の巣を想像していた。

    はじめに山の頂きと頂きに糸が張られ、その糸の中央から放射状にいくつかの糸が伸びてゆき、そして新たな糸が螺旋状に張られる。そうして できた巨大な蜘蛛の巣にとらえられた私たち生物は、その上で生活しそれぞれの音(声)を発する。それらの音たちは次第に混じり合い、最後には「一つの音楽」になるだろう。

    そんな音楽をつくりたいと考えていた。
    ****
    大場 陽子
    2001年東京藝術大学大学院修士課程修了。これまでに第67回日本音楽コンクール第1位、安田賞、第3回JFC作曲賞コンクール(室内オーケストラ)第2位、など受賞。作品は国内外で演奏されている。また、異種楽器の組み合わせへの興味から、 2004年7月、コンサート「酔々快響(タブラ、マリンバ、タイゴングによる)」を企画・作曲、2005年5月、コンサート 「あやなり(ヴァイオリン、フルート、25絃箏、ガムラン楽器に よる)」を企画・作曲し、関連イベントとしてワークショップ「みんな で作曲あそび(小学生対象)」を開催。同年、ロワイヨモン作曲セミ ナー(仏)に招待参加。2006年9月、宮城県で行われた 「GOTEN GOTEN アート湯治祭」において、鳴子御殿湯駅構内での 「駅コンサート」を企画(アサヒ・アート・フェスティバル参加イベン ト)。作曲家グループ「クロノイ・プロトイ」のメンバーとしても活動 を展開している。

    Christopher Coleman / "Politics, Money, Music" for Brass Quintet (2005)
    It has often been my habit to composer works in pairs, putting similar materials and techniques to contrasting gestures. Having just completed a large work for symphonic band that in spite of its title, A Jazz Funeral, is an optimistic celebration of life, I turned to this commission for Extreme Brass Tokyo from the Hong Kong Composers' Guild. Inspired by the group's name, I took the jazzy rhythms and inflections from the previous work and put them to darker and quite a bit more virtuostic use. Frustrated and angered by what I perceive as broken promises, outright lies, and other evil machinations by my government in the US, the government here in Hong Kong and China where I now reside, and even within my profession and university; I gave vent to my feelings in this, my darkest and most sardonic work yet. Politics, Money, Music develops a twisting chromatic figure throughout its nine-minute length, obsessively reordering the pitches repeatedly in static melodic statements that suddenly burst into movement, only to be cut short by stabbing syncopations. The central section expands the compressed chromatic idea into a sarcastic blues, which in turn works its way to a quieter but still unsettled conclusion. Shortly after the piece was completed, Hurricane Katrina devastated the southern United States. In sympathy with those who have suffered from its passage and from the subsequent governmental ineptitude I have dedicated this piece to its victims.
    Politics, Money, Music was premiered October 3, 2005, by Brass Extreme Tokyo in Tokyo, Japan.
    ****
    Christopher Coleman (b. 1958, Atlanta, GA)
    composer, conductor, trombonist, is currently Composition Coordinator of the Hong Kong Baptist University Department of Music and Fine Arts. He has also taught at the University of Chicago, DePaul University, Columbia College, and in the Interlochen Center for the Arts summer program. He earned his Ph. D. from the University of Chicago where he studied composition with Ralph Shapey and Shulamit Ran. While at the University of Pennsylvania, where he earned the M.A. in composition, he studied with George Crumb, George Rochberg, and Richard Wernick. While most of Coleman's works are scored for traditional forces, recent efforts at Hong Kong Baptist University have resulted in two large scale multimedia/improvisation pieces: September Variations and Prophecies for a New Millennium . He has received commissions from the Hong Kong Wind Philharmonia, the Hong Kong Bach Choir and Orchestra, the Hong Kong Composers' Guild, the DuPage Symphony Orchestra, the Chicago-area chapter of the American String Teachers' Association, and the University of Georgia Trombone Choir, among others. He has been awarded first place in the Percussive Arts Society Percussion Ensemble Composition Contest and the ASUC/SESAC Composition Contest. His music is published by Theodore Presser, Ensemble Publications, C. Alan Publications and Crown Music Press.

    Iannis Xenakis / linaia-agon for Horn, Trombone and Tuba (1972)
    神話によると、名高い音楽家リノスはアポロを怒らせて、彼に打ち殺されてしまう。ここでこの伝説は二人の敵同士 リノス=トロンボーン、アポロ=フレンチ・ホルンまたはチューバ の間で音楽ゲームによって具体化される。伝説に反してこのゲームでは、リノスが勝つ機会を与えられ、この確率はマトリックスによって数学的に決定される。神々にこぶしを振り上げることは、神に対する冒涜ではなく、自分自身を超えることで神々を超えようとすることである。
    ****
    Iannis Xenakis
    1922年、ルーマニアに生まれたギリシアの作曲家。建築家として活躍するかたわら、音楽においては物理学や数学の原理を応用した確率論的手法を用い、戦後の前衛音楽が行き詰まりの中、超音楽への道を拓いた作曲家として知られる。音楽と数学に関する数多くの理論でも有名。10歳で家族と共にギリシアに帰国、アテネ工科大学で建築と数学を学んだ。第2次世界大戦中、ギリシアの解放運動に加わり、負傷して左目を失う。投獄され、欠席裁判で死刑の宣告を受け、47年パリに亡命。そこで、オネゲル、ミヨー、メシアンに作曲を師事することとなった。55年に作曲家としてデビューした後は、次々と作品を発表、一躍注目の存在となる。建築家としても有名で、ブリュッセル万国博覧会のフィリップス館など、多くの設計を手掛けた。

© Copyright 2003-2014 Brass Extreme Tokyo Last update 5.31.2012